なんか面白いこと、ある。Sunshine City

Sunshine AquariumSunshine Aquarium

都心のビル群をバックに“空飛ぶペンギン”?フィーディングタイムも必見!

陸上をよちよちと歩く姿が印象的なペンギン。飛べない鳥として知られていますが、サンシャイン水族館では大空を羽ばたいているかのように見える「天空のペンギン」水槽が大人気!
また、「草原のペンギン」水槽では、ケープペンギン本来の生態を見ることができます。ペアになったら一生連れ添うといわれている、仲むつまじいペンギン夫婦の姿にも注目です。

ペンギンってどんな生き物?

ペンギンは、ペンギン目ペンギン科に属する6属18種の総称。そのうち、国内の水族館や動物園では11種のペンギンを見ることができます。よちよちと陸上を移動する姿が印象的ですが、実は鳥類の一種。翼があるのに空を飛ぶことはできませんが、長いくちばしや全身をびっしり覆う羽毛など、鳥の特徴をたくさん持っています。ペンギンは陸上でのエサを巡る激しい争いと捕食者のリスクから逃れるため、進化の過程であえて水中で暮らすことを選択し、飛ばなくても生きていけるように進化していったといわれています。

そんなペンギンたちは泳ぎが得意で、潜水もお手のもの。一見、速く移動できなさそうに思えるあの体型も、実は水中を速く・長く泳ぐのには最適な形です。サンシャイン水族館の「天空のペンギン」水槽では、羽を広げて自由自在に水の中を移動する姿をご覧いただけます。

日本で見られる11種類のペンギン

今、国内の水族館や動物園で見ることができるペンギンは、次の11種類。サンシャイン水族館には現在約50羽のケープペンギンが暮らしています。

  • ケープペンギン
  • マゼランペンギン
  • フンボルトペンギン
  • オウサマペンギン(王様ペンギン、キングペンギン)
  • コウテイペンギン(皇帝ペンギン、エンペラーペンギン)
  • ジェンツーペンギン
  • アデリーペンギン
  • ヒゲペンギン(アゴヒゲペンギン)
  • イワトビペンギン
  • マカロニペンギン
  • フェアリーペンギン(コガタペンギン、リトルペンギン)

絶滅の危機にあるペンギンたち

実はペンギンは、昨今の地球温暖化などの気候変動の影響を受け、急激なペースで減少しています。ペンギンたちが絶滅の危機にあるということを伝え、ペンギンたちを取り巻く環境などについて考えるきっかけになればと、サンシャイン水族館の「ペンギン・フィーディングタイム」ではペンギンたちに関する様々な情報をお伝えしています。
サンシャイン水族館は、ケープペンギンたちが幸せになる未来を目指して啓蒙活動に取り組んでいます。

ケープペンギンの特徴と暮らし

ケープペンギンは、アフリカ大陸に生息する唯一のペンギンです。体長約60cm、体重3~4kgほどで、ペンギンの仲間の中では中型に分類される大きさ。主食はイワシなどの小魚で、水中でエサを取り、岩場の隙間や藪の根元に作った巣の中で卵を温めます。
ここでは、ケープペンギンの特徴をいくつか見ていきましょう。

夫婦仲がとても良く、協力して子育て

ケープペンギンの特徴は、夫婦の絆がとても強いこと。一生連れ添うといわれているので、ペアになっている個体は必ずペアのまま移動させるなど、飼育スタッフも気を配っています。
オスは子育てにも積極的。産卵された卵はペアのオスとメスが交代で温め、およそ40日かけて孵化させます。孵化したヒナは体重約70gの手のひらサイズですが、生後30日を過ぎると体重がおよそ1kgに。全身を覆う綿羽も生後70日ほどで抜け始め、体も親と同じくらいの大きさに成長します。
若いケープペンギンは亜成鳥(あせいちょう)と呼ばれ、頭から背中にかけて灰色の羽で覆われており、ケープペンギンの特徴である顔や胸の白黒模様がありません。

雌雄の判別が難しい

ケープペンギンの雌雄を外見から判別するのはかなり難しく、確実な判断にはDNA鑑定が必要です。そのため、サンシャイン水族館にはDNA鑑定前に名前をつけた、オスなのにメスのような名前(みぃ、のんちゃん)、メスなのにオスのような名前(武蔵、ダイスケ、ショウタ)のペンギンがいます。

1年に1度、羽が生え替わる

春から夏にかけては、ケープペンギンの全身の羽が生え替わる「換羽(かんう)」の時期。羽がぼさぼさしていたら、換羽の最中です。
換羽中は上手に泳げないため、水中にエサを取りにいくことはしません。そのため、ケープペンギンは換羽前にエサを食いだめして太ります。換羽前は、1日で体重の3分の1もの量のエサを食べることがあるのです。

鳴き声がロバに似ている

ケープペンギンは、鳴き声で夫婦や親子のコミュニケーションをとりますが、見た目どおりのかわいらしい鳴き声を想像していると少し驚くかもしれません。その声は見た目に反してかなり野太く、ロバの鳴き声に似ていることから、ケープペンギンは別名で「ジャッカス(オスのロバ)ペンギン」と呼ばれることがあります。

意外と足が長い

ケープペンギンの足は短く見えますが、レントゲンを撮って骨格を見てみると、長い足を持っていることがわかります。水中を素早く泳ぐために適応した結果、今のかたちになりました。

知られざるペンギンの生態

ペンギンは昔から水族館のアイドル的存在ですが、条約や各国の保護政策によって入手が困難になりつつあります。サンシャイン水族館では、貴重なペンギンの知られざる生態を身近に感じてもらおうと、工夫を凝らした形状の水槽「天空のペンギン」と「草原のペンギン」で展示しています。

天空のペンギン

屋外エリア「マリンガーデン」にある、正面から頭上にかけて大きくオーバーハングした幅約12mの水槽。ペンギンたちが羽を広げて縦横無尽に泳ぐ姿を、水槽の下から観察することができるのが「天空のペンギン」水槽です。

水槽の向こうに見えるのは都会のビル群。まるで、ペンギンたちが都会の大空を羽ばたいているかのようにも見えます。自分が空の上にいるのか水中にいるのかわからなくなるような、サンシャイン水族館だけの空間です。

草原のペンギン

野生のケープペンギンが棲む南アフリカ・ケープタウンには砂浜が広がり、近くには草原も広がっています。「草原のペンギン」水槽は、そんなケープペンギンが生息する本来の環境をイメージ。幅10m、約85平方メートルの草原で、傾斜を軽やかに、力強くゆったりと歩くペンギンたちを至近距離で見ることができます。
巣穴もありますので、ペンギン夫婦の仲むつまじい様子や、子育てにいそしむ姿も見られるかもしれません。

ダイビングタイム・フィーディングタイムも必見!

「天空のペンギン」水槽では、毎日「ペンギン・ダイビングタイム」を実施。エサを目掛けてダイナミックに泳ぎ回るペンギンたちを見ていると、まるで自分も水中に潜っているかのような感覚に陥ります。

また、「草原のペンギン」水槽でも「ペンギン・フィーディングタイム」を開催。間近でペンギンたちがエサを食べる様子を見られるチャンスです。

いずれのパフォーマンスも、1日2回開催しています。

飼育スタッフから一言

陸上での動きはチョコチョコとしてとてもかわいらしいペンギンですが、水の中に入ると同じ生き物とは思えないほどの俊敏な泳ぎを見せてくれます。その姿からは、「適応と進化」によって水中に適した身体を持つに至ったペンギンの歴史を感じることができます。

そんなペンギンの魅力のひとつは、表現力が豊かなところ。特にペアでいると、愛を鳴き声で表現してみたり、相手の羽をきれいにしてあげようという気持ちを見せたり、自分のパートナーを守ろうと必死にほかのペンギンと戦ったり…。感情をこんなに出す生き物は、ペンギンくらいかなと思ったりもします。

よく表情を観察していると、喜怒哀楽もなんとなくわかるようになってきますよ。歩き方や見た目に加えて、ペアの関わり合いや表情にも注目してみると、ペンギンがより魅力的に見えてくると思います。