なんか面白いこと、ある。Sunshine City

Sunshine AquariumSunshine Aquarium

キモかわいい深海生物?体長45cmにもなるダイオウグソクムシ

得体のしれない不気味さと、そこはかとないかわいらしさから、近年人気のグソクムシたち。その中でも、メキシコ湾や西大西洋の深い海に生息するダイオウグソクムシは、深海生物界のアイドルとして特に注目されています。

ダイオウグソクムシってどんな生き物?

ダイオウグソクムシは、陸上で生活するダンゴムシやワラジムシ、フナムシなどと同じで、等脚目に属する海生甲殻類の中の一種です。名前にある「グソク」とは、日本の鎧兜(具足)を思わせる硬い体からきています。お腹側には歩脚と遊泳脚を持ち、遊泳脚と尾を使って水中を泳ぎます。

グロテスクで怖いという人もいるダイオウグソクムシですが、「キモかわいい」「正面から見るとカッコイイ」という意見も多く、その知られざる生態や謎の多さからアイドル的な人気の生き物です。

ダイオウグソクムシ

ダイオウグソクムシは、世界最大のダンゴムシの仲間といわれています。大西洋、インド洋の水深200~2,500mに生息。体長約45cm、体重は1.7kgに達する個体もあり、猫と変わらない大きさです。

オオグソクムシ

オオグソクムシは、本州中部以南の太平洋で水深150~600m付近の海底に生息します。体長は10~20cmとダイオウグソクムシに比べて小さく、食用ではありませんが、素揚げや味噌汁の具などにして食べることもあります。

ダイオウグソクムシの生態

ダイオウグソクムシの生態はまだわかっていないところが多くあります。その一端をのぞいてみましょう。

何でも食べる「海の掃除屋さん」

ダイオウグソクムシは雑食性で、生き物の死骸など、水中の有機物なら何でも食べるため「海の掃除屋さん」といわれています。ダイオウグソクムシはよくカゴ漁で採集されますが、カゴ漁にかかった魚を食べてしまうため、漁師に嫌われているほどです。深海では、弱ったダイオウグソクムシやその死骸を食べるといった共食いが行われている可能性も否定できません。

少食なのに巨大

何でも食べる雑食性ではあるものの、食べる量はそれほど多くないダイオウグソクムシ。大きな体をどうやって維持しているのかと思うほどです。
鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で飼育されていたダイオウグソクムシは、2019年に死ぬまで5年間絶食しており、その神秘に満ちた生命体への関心がより高まりました。少食、絶食でも耐えられる理由として、深海は水温が低く、消費するエネルギー量も少ないため、食べるエサの量も少なくて済むという説もあります。ただし、少ないエサでどうして巨大化できるのかはわかっていません。

ダイオウグソクムシと同じように、深海に生息するダイオウイカやタカアシガニなどにもこうした巨大化が見られるため、「深海巨大症」の例としてよく挙げられます。

ダンゴムシに似ていても体を丸めることはできない

ダイオウグソクムシは世界最大のダンゴムシの仲間といわれており、見た目もダンゴムシに似ています。
しかし、ダイオウグソクムシは体全体をきれいに丸めることはできません。一方で、ダンゴムシと同様に、ダイオウグソクムシも脱皮します。

泳ぐときはお腹が上

ダイオウグソクムシは、お腹を上にした状態で遊泳脚を活発に動かして泳ぎます。そのスピードは意外と速く、じっと動かず海底にいる普段の様子とのギャップに驚くかもしれません。

正面から見える複眼は個眼から形成される

ダイオウグソクムシを正面から見ると、頭部に黒い複眼があるのがわかります。この複眼は、実は約3,500個のもの個眼から形成されており、節足動物の複眼としては最大級の大きさです。

サンシャイン水族館は毎年採集に挑戦中

深海生物は、水圧が異なる環境での飼育展示が難しい生き物です。しかし、サンシャイン水族館では、毎年深海生物の採集にチャレンジし、過去さまざまな形で深海生物との出会いの場を提供してきました。

深海生物の骨格標本を展示し、違った角度から深海生物を観察できる試みや、オオグソクムシなど奇妙な姿の深海生物にタッチできる「ゾクゾクタッチ」、ぬるぬるするヌタウナギの仲間に触れられる「ヌタッチ」、冷凍の深海ザメに触れられる「深海サメタッチ」を実施。水圧実験を織り交ぜたトークや、水中ドローンを駆使して撮影した深海の映像を見ながら飼育スタッフが解説する企画も好評でした。深海生物で出汁を取った「深海汁」も大変おいしく、行列ができるほどでした。

深海生物を採集できるのは冬だけ

深海生物の採集ができるのは、毎年冬だけ。なぜなら、深海生物の生息できる水温はおよそ15℃以下で、海水の表面温度が高い時期には生物に大きなストレスを与えてしまうため、採集することができないのです。
また、水圧の違いから飼育が難しい生き物や、長期飼育が困難な生き物も少なくありません。深海生物は、水族館では冬の時期のみに見られる貴重な生き物なのです。

深海の不思議に会える水族館は希少

深海生物は、前述したように採集できる時期が限られていたり、飼育が難しかったりするものも多くいます。生体の展示ができる場所はそう多くないのです。
ぜひ、サンシャイン水族館の冬のイベントを見逃さず、珍しい深海生物との出会いや発見を楽しんでください!

飼育スタッフから一言

グソクムシの仲間は、お客様からの根強い人気がある深海生物です。エサの少ない深海で巨大化し、絶食しても長期間生きていけるという不思議に満ちた生態と、一見グロテスクなようで、大きなダンゴムシのようなユーモラスな見た目が人気の理由ではないでしょうか。

ダンゴムシのように完璧に丸まることはできませんが、少し丸まることはできます。普段は水の底でじっとしていますが、泳ぐときはお腹を上にしてかなりの速さで泳ぐので、そのギャップもおもしろいのかもしれません。

また、グソクムシを正面から見るとサングラスをしているように見える複眼がとてもかわいいのです。ぜひ、サンシャイン水族館でオオグソクムシが活発に泳ぐところを見てください。泳いでいるときにお腹を見ると、脚の本数などもはっきりわかります。形や脚の数など、身近にいるダンゴムシと共通する点を探してみるのもおもしろいですよ。
サンシャイン水族館のスタッフが完全監修したオリジナルグッズ「ダイオウグソクムシスリッパ」も人気です。

サンシャイン水族館のオリジナルグッズ「ダイオウグソクムシスリッパ」などが購入できる、いきものグッズ専門ネットショップ「いきもーる」はこちらからチェック!
http://ikimall.ikimonopal.jp/