カップメンダコ調査報告書

Facebook Twitter

「至高の3分」を求めて

今日もまた世界中のどこかで、悲劇は起こっている。
「カップ麺のフタ、ちょっと隙間が空いちゃうよね」問題。

「両端から湯気が漏れてる...」
「完全に閉まらない...」

この悲しみの連鎖を断ち切るべく、
いきも〜る調査隊は今ここに立ち上がった。
これは、その調査と解決に至るまでの壮絶な記録である。

カップメンダコ

いきも〜る調査隊

世の中の様々な課題を解決するために
いきも〜るスタッフの中から選ばれた
選りすぐりの精鋭たちである。

いきも〜る調査隊

カップ麺のフタに求めるもの
(2019.1月 いきも〜るチーム内統計 n=12くらい)

意外な調査結果

まずは、市場調査を実施。
カップ麺のフタに求めるものは、
かなりの個人差があるものの、
ひとつの傾向がわかってきた。

意外な調査結果

まずは、市場調査を実施。
カップ麺のフタに求めるものは、
かなりの個人差があるものの、
ひとつの傾向がわかってきた。

カップ麺のフタに求めるもの
(2019.1月 いきも〜るチーム内統計 n=12くらい)

理想を求めて

大きさ、重さ、見た目。
これらをすべて満たすカップ麺のフタがあれば、どんなに幸せなことだろう。
私たちは、そんな至高の3分間をもたらす、カップ麺のフタを探し始めたのだが…

  • 【大きさ】●大きすぎず、小さすぎず ●隙間を空けず、湯気を逃さない
  • 【重さ】●重すぎず、軽すぎず ●均等に圧力が掛かる
  • 【見た目】● 食欲を削がない ● 癒し効果が見込める

そんな都合のいいもの、
そう易々と見つかるわけがない…

理想のカップ麺のフタを探すこと3年半…
しかし、そんな都合のいいものが
この世の中にあるわけがなく、
我々調査隊の脳裏には
「調査打ち切り」の言葉がよぎっていた…

しかし、

救いの手を差し伸べるかのような
1本の電話

「よくぞここまでたどり着いた」
「君たちのあくなき探究心、
たゆまぬ努力に敬意を表そう」
「そして、今こそすべてを語ろう…」

「君たちが求めているものは
深海に住まう伝説の存在なのだ…」

救いの電話は、サンシャイン水族館採集チームからだった。
彼らは、我々が求める存在が「深海に住まう」のだという。
その真偽を確かめるべく、
普段から海洋生物の調査を行っている
彼らに同行し海へと足を運んだ。

その姿たるや、
まさにフタの申し子!

我々は、長い長い探索の果てに、
ついにその存在を目にすることができた。

大きさ、重さ、そしてなにより見た目の可愛さ…。
まさに完璧なフォルム。
その存在を目の当たりにした瞬間、我々は確信した。
この生物こそが「カップ麺のフタにふさわしい」と。

この生物は、地元の漁師たちの間で
「カップメンダコ」と呼ばれているらしいことがわかった

カップメンダコで
至高の3分をあなたに

我々はついに、カップ麺のフタに最適な存在に出会った。

そう、カップメンダコは、
我々の生活から不安を取り除いてくれたのだ。
もうこれさえあれば、何もいらない。

しかも、
楽しみ方
いろいろ♡

カップメンダコ

【カップらーめんのフタ】

¥3,024(税込)

購入サイトへ

カップメンダコ追加報告書

えっ?
カップメンダコは
全部で6種類!?

その後、サンシャイン水族館の
水揚げに同行すること数十回。
現在確認されているところによると、
発見されたカップメンダコは、6種類だという。

(2019年1月現在)

bnr_6cup

カップメンダコ

【全6種類】

¥2,160(税込)

購入サイトへ

もはや普通の
カップメンダコでは
満足出来なくなった貴方に…

普通のカップメンダコに飽きたら、
次は、サーモ版がオススメ!
熱々のお湯に反応し、
あなたを楽しませてくれます。
変色開始温度は、31℃から。

本体硬さもやわらかい、
手に心地よいカップメンダコサーモ。

さぁ、あなたにも至高の3分をさぁ、あなたにも至高の3分を

カップメンダコは、サンシャイン水族館が運営する、
変ないきものグッズを扱ったECサイト「いきも〜る」にて好評販売中です!

いきも〜る

カップメンダコの生みの親「深海マザー」さんのサイトはこちら!カップメンダコの他に、深海生物をモチーフにした、様々ないきものグッズを取り扱っています。

深海マザー

サンシャイン水族館で
好評開催中のイベント
「ゾクゾク深海生物2019」
もお見逃しなく!

サンシャイン水族館では、水深数百mの深海に棲む生き物を観て触れて味わえる冬限定のイベント「ゾクゾク深海生物2019」を2019年1月12日(土)〜3月10日(日)の期間で開催。今回は、12月22日(土)に最新刊4巻が刊行となる角川文庫「深海カフェ 海底二万哩」 (著者:蒼月海里)とのコラボレーション展示も行い、サンシャイン水族館が中心舞台として設定されている物語の世界観とリンクした、小説を読んだ方はもちろん、読んでいない方も楽しめる展示内容となっております。

ゾクゾク深海生物2019

サンシャイン水族館で
展示した深海生物たち(抜粋)

深海生物は生息水温が10℃程のため、海水の表面水温が下がる冬にしか採集できません。また、水圧の違いから飼育展示が難しいものや長期飼育が困難な生き物も多いため、限られた環境や時期のみでしか見ることができない珍しい生物もたくさんいます。サンシャイン水族館では毎年冬にその深海生物の採集を行っています。そして、この冬も採集に挑戦し、採集後は慎重に輸送・ケアし、ご覧いただける生物を特設水槽や館内1階「冷たい海」水槽に展示しております。

cnt16_bnr_sushine