SKY CIRCUS サンシャイン60展望台

天体観賞会

最近、眺めてる?夜景とともに楽しめるサンシャイン60展望台の天体観賞のススメ 家族、友人、カップル、1人でも。素敵な夜景とともに年間を通じて気軽に楽しめるサンシャイン60展望台の天体観賞がオススメ。

日本百名月

2019年3月、サンシャイン60展望台は「日本百名月」に認定されています!

直近の開催イベント

2021.7.23(fri)~27(tue)

惑星観賞会

惑星観賞会

月が木星・土星に接近!

7月24日(土)(25日未明)から7月26日(月)(27日未明)にかけて、月が土星と木星に相次いで近づきます。
サンシャイン60展望台では満月・木星・土星を天体望遠鏡を使ってモニターで観賞する特別観賞会を実施します。

お楽しみ企画
  • 惑星観賞会

    星空写真家・成澤広幸氏の協力のもと、天体望遠鏡を使って、「満月・木星・土星」をモニターへ映し出し、解説含む観賞会を実施。

    特別観賞会:
    7/24(土)20:30~22:00

    ※展望台入場料のみでお楽しみいただけます。

  • 夏の自由研究のテーマに!
    天体観賞会ワークショップ
    ~天体望遠鏡について学ぼう~

    学習天体望遠鏡で仕組みを学び、組み立てた天体望遠鏡で満月を観賞しよう!

    日時:
    2021年7月24日(土)
    時間:
    19:00~20:00
    料金:
    有料(入場料+望遠鏡代含む)

詳細はこちら。

  • [協力]
    星空写真家・成澤 広幸

    [企画]


  • 学習用天体望遠鏡キット(NEWTONY)

    [機材協力]

  • 惑星観賞会

    星空写真家・成澤広幸氏の協力のもと、天体望遠鏡を使って、「満月・木星・土星」をモニターへ映し出し、解説含む観賞会を実施。

    特別観賞会:
    7/24(土)20:30~22:00

    ※展望台入場料のみでお楽しみいただけます。
    詳細はこちら。

    [協力]
    星空写真家・成澤 広幸

    [企画]

  • 夏の自由研究のテーマに!
    天体観賞会ワークショップ
    ~天体望遠鏡について学ぼう~

    学習天体望遠鏡で仕組みを学び、組み立てた天体望遠鏡で満月を観賞しよう!

    日時:
    2021年7月24日(土)
    時間:
    19:00~20:00
    料金:
    有料(入場料+望遠鏡代含む)


    学習用天体望遠鏡キット(NEWTONY)

    詳細はこちら。

    [機材協力]

  • ※期間中の木星・土星が見え始める時間:木星:21:00頃、土星:20:30頃
  • ※気象状況により月・木星・土星をご覧いただけない場合がございます。
  • ※画像はイメージです。
  • ※内容・スケジュールが変更・中止となる場合がございます。
  • ※サンシャイン60展望台では、新型コロナウイルス感染防止のため、様々な取り組みを行っております。詳しくはこちら

天体観賞情報 年間版

※画像提供:星空写真家・成澤広幸 ※画像はイメージです

※月と金星が接近した様子。当日は火星と月が並びます

4 月齢5.4の月と火星が並ぶ

4月になると日の入り後の西の空に火星が見え始めます。4月17日は月の上に赤く光る火星が現れます

※画像提供:星空写真家・成澤広幸 ※画像はイメージです

5 スーパームーン!皆既月食も!

5月26日の満月は、2021年で地球に最も近い満月です。スーパームーンが赤黒く見える皆既月食をサンシャイン60展望台で。

※画像提供 星空写真家・成澤広幸 ※画像はイメージです

※当日は木星・土星と満月が並びます

7 惑星観賞会(木星・土星と満月)

月が木星と土星に接近。天体観賞会では、木星・土星についての豆知識もご紹介。夏休みということもあり、お子様の自由研究のテーマにしてみては。

9 中秋の名月

「中秋」は秋全体の日中を意味し、旧暦の8月15日を指します。ちなみに、お月見のすすきは、翌年の豊作を願う意味がこめられています。

11 ダイヤモンド富士・部分月食

夕陽が沈む時、サンシャイン60展望台から見て、太陽と富士山頂が重なり合う瞬間があります。その瞬間、太陽はダイヤモンドのように輝きます。
また11月は部分月食も。

12 閉館後人数限定夜景撮影会

閉館後の20時以降、人数限定で夜景撮影会を実施。思う存分夜景を撮影しましょう。

1 初日の出

初日の出でオレンジ色に染まる東京の絶景を海抜251mの高さから眺めよう。

1 ダイヤモンド富士

サンシャイン60展望台から見える、年2回のダイヤモンド富士のうち1回は1月下旬、冬の澄んだ空気に太陽が輝きます。

天体観賞のこころえ スカイサーカスオリジナル!

まずは心構え!?

宇宙の神秘を感じられればそれで善し!
初心者の方はのんびりしたり、無料貸し出ししている
天体の書籍を読みながらリラックスもまた善し。

観賞はゆずり合って

展望台にあがるとついついテンションアップ!だけど、
観賞中はゆずり合いの精神で。

年間を通じて賢く楽しむ

空は季節ごとに様々な表情をみせるもの。
一年を通して楽しみたい方は、年間パスポートがお得。
年間の天体観賞予定を当ページでもCheck!

天体観賞後はカフェでひと休み

夜景を見ながらのお酒も最高です。スカイサーカス限定ドリンクを販売しているタリーズコーヒーで一休みしてもよいかも。

展望台 × 天体学

q1.展望台ならではのキレイな天体写真を撮ってみたいのですが…

月が地上から昇り始めた時間帯に、東京のパノラマ夜景とお月様がコラボレーションした写真を撮るのがオススメです。東京の街を一望できる当施設ならではの一枚をお撮りいただけます。撮影できたら、「#サンシャイン60展望台」を付けてSNSで投稿しよう!

※月の出は日によって時間が異なりますのでご注意ください。

q2.展望台から星は見えますか?

季節折々の星座がご覧いただけます!まずは一番星を探してみませんか?
一番星といえば、金星が有名ですが、実は、夕方に自分の目で見て一番輝いてる星のことを言うそうです。

q3.他にオススメの景色はありますか?

夕陽の時間帯をオススメしています。春は柔らかなオレンジ、夏は鮮やかな夕焼けと夜空のグラデーション、空気が澄む秋から冬に山々に沈みゆく夕陽をお楽しみいただけます。