なんか面白いこと、ある。Sunshine City

  1. トップ
  2. イベント/展示会
  3. しきしまの大和へ — アジア文華往来 —

2019/10/05(土)~2019/12/01(日) しきしまの大和へ — アジア文華往来 —

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

「しきしま(磯城島)の」とは、万葉集に詠まれた大和(現在の奈良県域)の枕詞。古代よりこのかた、大和の地は日本の国を代表するところでした。その大和の考古学を80年にわたって主導してきた奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の所蔵品の数々が集結します。本展覧会では出土した遺物から、日本列島の文化と国の成り立ち、そしてアジアとの文化交流を読み取り、時空を超えた壮大な歴史を鑑賞していただきます。

詳細情報

開催期間 2019/10/05(土)~2019/12/01(日)
開催時間 10:00~17:00
最終入場は16:30。ただし、10月25日(金)と11月22日(金)は夜間延長開館につき、10:00〜20:00(最終入場は19:30)
開催場所 古代オリエント博物館
展示室
料金 一般 900円、大・高生 700円、中・小生 400円
20名以上の団体は各100円割引・障がい者手帳をお持ちの方は半額、介護者1名まで無料
主催 古代オリエント博物館、東京新聞、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
関連サイト http://aom-tokyo.com/exhibition/191005_kashikoken.html
お問合せ 03-3989-3491
備考 電話でのお問い合わせ時間:10:00〜17:00
メールでのお問い合わせ: museum@orientmuseum.com

「しきしま(磯城島)の」とは、万葉集に詠まれた大和(現在の奈良県域)の枕詞です。古代よりこのかた、大和の地は日本の国を代表するところでした。その大和の考古学を80年にわたって主導してきた奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の所蔵品の数々が集結します。

日本列島に生きた人々は先史時代以来、つねにユーラシア大陸や朝鮮半島から文化的刺激を受けて、多様かつ独自の文化を作り出してきました。最古の古墳が築かれ、古代日本国家の揺籃地となった大和は、その後の日本の歴史を牽引する政治・経済・文化の中心だったのです。

本展覧会では、いにしえの大和の地から出土した縄文時代〜中世の遺物から、日本列島の文化と国の成り立ち、そしてアジアとの文化交流を読み取り、時空を超えた壮大な歴史を鑑賞していただきます。

このイベントをシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE