なんか面白いこと、ある。Sunshine City

Sunshine AquariumSunshine Aquarium

2020/3/30(月)新クラゲエリア“海月空感(くらげくうかん)”オープン延期のお知らせ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

海月空感 イメージ

サンシャイン水族館は、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、2020年4月に予定していた新たなクラゲの展示エリア“海月空感(くらげくうかん)”のオープンを当面の間延期することといたしました。

また、”海月空間”オープン準備のため、館内1階「ふわりうむ」を閉鎖させていただきます。


“海月空感”のオープン日につきましては、今後の状況を考慮しながら慎重に判断してまいりますので、決定次第改めて本Webサイトにてお知らせいたします。
“海月空感”のオープンを楽しみにされていたお客様にお詫び申し上げるとともに、ご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


新たなクラゲの展示エリア“海月空感(くらげくうかん)”とは

国内最大級(※)の横幅となるミズクラゲの展示水槽などを新設し、水槽の形状や水流、照明、音など空間全体にこだわりを持ち、クラゲの最大の魅力である「浮遊感」や「ゆったり感」をより一層感じていただけるエリアとなる予定です。
その中でも、クラゲの展示としては国内最大級となる約14mの横幅を持つミズクラゲの展示水槽は、大きく弧を描いた形となっており、視界いっぱいにクラゲが広がります。
まるで暗い海の中でクラゲに包まれるような圧倒的な没入感をご体験いただけます。

(※)2019年11月13日時点で、クラゲの展示水槽としては国内最大級の約14mの横幅(湾曲した観覧可能な部分の長さ)。
サンシャイン水族館調べ。


“海月空感”特設サイトはコチラ